バレニクリン

タバコの習慣性と依存症について

タバコを吸っている人は、長年の喫煙習慣として染み付いてしまっている場合が多いです。また、タバコのニコチンの効果で依存症になります。

タバコの習慣性とは

タバコには多くの化学物質が含まれており、その中には習慣性(依存症)を引き起こす物質もあります。

毎日の生活の中でタバコを吸い続けていると、次第にタバコを吸わずにはいられなくなってしまいます。その要因としてあげられるのが「ニコチン」という物質です。

ニコチンには依存性があり、摂取を続けているうちにやめられなくなります

また、食後や寝る前など、決まった時間にタバコを吸っていると、それが当たり前の習慣として定着し、やめにくくるのです。

喫煙者が最もタバコを吸いたくなるのが、食後のタイミングです。

食事を終えて一息つくという段階で一服するという行動が、長年の喫煙習慣として染み付いてしまっている人は少なくありません。

その他にも起床後や、仕事が一段落したときの一服など、様々な行動の区切りとなっているケースが多く見られます。

ニコチンの依存性と、喫煙の習慣化が、禁煙の妨げとなるのです。

タバコの習慣性は、自分の意志だけではなかなか簡単に改められないものといえるでしょう。

タバコの依存性とは

ニコチンが極めて重大な依存症を引き起こすこともよく知られています。

ニコチンは喫煙によって体内に摂取すると、脳内の受容体に強く結びつき、快楽を感じさせる物質を放出させるのです。

これが「煙草を吸うと気持ちが落ち着く」効果ともなっています。しかし、ニコチンが体内からなくなると、急激にイライラするようになり、我慢ができなくなってしまいます

これが離脱症状と言われる現象で、多くの人が禁煙に失敗する原因ともされています。

タバコをやめたいけれども自分の意思でやめることが困難なのはニコチンという物質の依存性が大きく起因しています。

我慢ができないほどのイライラでも、タバコを吸うことによってすぐに解消できてしまうため、タバコを手放すのは難しくなります。

禁煙をしっかりと成功させるには、タバコを吸いたい気持ちをコントロールできる医薬品が必要です。

それがチャンピックスだ!チャンピックスを正しく利用して、念願の禁煙を成功させるのだ。