バレニクリン

チャンピックスとお酒の相性

チャンピックスはアルコールと相性が悪いです。アルコールに極端に弱くなります。チャンピックスを服用する場合は禁酒したほうが良いでしょう。また、チャンピックスはアルコール依存症にも効果があると言われています。

チャンピックスとアルコールは相性が悪い

チャンピックスを飲むと、アルコールに弱くなります。お酒好きの人は気をつけましょう。

米国食品医薬品局(FDA)によると、チャンピックスを服用すると、お酒に弱くなるとされています。また、それだけでなく、飲酒をすることで、攻撃的な反応や健忘、意識喪失なども生じやすくなるのです。チャンピックスを服用しながらの飲酒はとても危険であると言えます。

重篤副作用件数としてFDAが調査をした中でも、チャンピックスによる件数はワースト1位でした。特に、意識喪失は事故などにも繋がりかねません。どうしても飲まなければいけない場合などは、飲酒量を極力減らすなど、調整しましょう。

ぐぬぬ…チャンピックスを服用中は禁酒もしたほうがいいのか…
今は耐えろ…耐えるのだ!酒は禁煙が終わってから好きなだけ飲めばいい。

飲酒は、ストレス解消や仲間との楽しい時間を提供してくれます。しかし、チャンピックスを飲む際は、アルコールを控えたほうが良いでしょう。

チャンピックスは、禁煙を成功させるためのサポートで使うお薬です。お酒を飲んでしまうと気持ちも大きくなってしまい、煙草に手を出すこともあります。アルコールは基本的に、喫煙の成功確率を下げることにもなるので要注意です。

禁酒する、またはアルコール摂取量を減らす

チャンピックス服用の際は禁酒をするか、または摂取量を減らしたほうが無難です。禁煙とアルコールの相性の悪さは抜群であり、禁煙の天敵とも言っても過言ではありません。

飲酒をしながらチャンピックスを服用すると、味覚に異常を感じるようになったり、喫煙欲求を我慢ができなくなるなど、禁煙の失敗を招く要因となります。

途中で自己判断で治療を中断したり、アルコールを好きなだけ飲んでしまうと、禁煙に失敗しやすくなります。

チャンピックスを飲むのは永久ではなく一時的なものです。12週間が基本の禁煙治療期間で、最長でも24週間です。その間だけでも禁酒したほうが無難でしょう。

最後まで治療を続けることで、成功へ近づいていきます。アルコールはずっと飲めないわけではなく、禁煙さえ成功できたらまた再開できます。

チャンピックスはアルコール依存症にも治療効果がある

チャンピックスは、アルコール依存症にも効果があることがわかっています。

アメリカのステファニー教授の研究によると、チャンピックスをアルコール依存症患者に服用させたところ、アルコールの摂取量が大幅に減ったのです。

しかし、この研究によると、チャンピックスがアルコール依存症に効果を発揮したのは、男性に限られるとされています。男女131名に臨床実験を行ったところ、男性の飲酒量が半分近く下がったのに比べ、女性にはほとんど効果がなかったのです。

しかし、アルコールとチャンピックスの併用は、危険視されているので、そもそも併用すべきではありません

アルコールとチャンピックスの相互作用など、アメリカFDAからも警告がされています。併用をすることにより通常よりもアルコールに対して弱くなるのです。さらに、記憶喪失や攻撃的行動の酩酊作用が強まるリスクがあります。

アルコール依存症にはアルコール依存症の治療方法がある。チャンピックスはあくまでも禁煙目的で使用したほうがいいだろう。